埋没毛 フラッシュ式脱毛器

フラッシュ式脱毛器で埋没毛なしのすべすべ肌へ

フラッシュ式脱毛器ケノン

日々の無駄毛処理に毛抜きを使ったり、カミソリで剃ったりしていませんか。
間違った無駄毛の自己処理は肌を傷つけ、埋没毛などの原因になってしまいます。
代表的な毛抜き、カミソリはとても肌に負担が大きい処理の仕方です。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛で、肌の負担を少なく脱毛をすることが理想です。
サロンに通うのは時間がかかる、という方は、フラッシュ式家庭用脱毛器「ケノン」で自己処理をすることもできます。
負担の少ない脱毛を行い、埋没毛などないきれいな肌を手に入れましょう。


そもそも埋没毛って?

埋没毛とは、除毛や剃毛などによって皮膚が衝撃をうけたり、傷ついたりしたことが原因で毛が中にうまってしまった状態のことです。
処理時に皮膚に傷がつくことで、毛穴にかさぶたのようなものができます。毛穴が傷を修復しようとするのです。
その際、毛が伸びる前にかさぶたのようなものがかぶさってしまうと、毛はとじこめられ皮膚の外に出ることができず、埋もれたままになります。
そこで毛が成長すると、伸びたりとぐろをまくようになり、毛穴がぼこぼこし、黒いぷつぷつとなってあらわれてきます。
正直見た目にもよいものであるとはいえません。
長い場合だと数cmになることもあります。
埋没した毛が炎症をおこし、赤く腫れることもあり、見た目だけではないトラブルを引き起こすこともあります。
皮膚の柔らかい部分、張りが無く、毛様々な方向にはえている部分である脇、ひざ、ビキニラインでよく発生します。
除毛や剃毛によって発生することが多いため、特に女性によく見られます。

カミソリ・毛抜きで埋没毛はできる

一般的な自己処理が毛抜きとカミソリですが、この二つとも肌に負担が大きい除毛・剃毛方法といわれています。
毛抜きに関しては、かなり大きな力で皮膚を引っ張っていることは体感としてわかると思います。毛穴1点に一気に力がかかったり、強い力がかかったりするため、特に肌を痛めやすい方法だといえます。
引っこ抜くときに毛穴に傷がつき、その毛穴が塞がることで埋没毛が誕生してしまうのです。
同様に毛を抜くタイプの電動脱毛器も肌に大きな負担がかかり、埋没毛の原因になってしまいます。
カミソリは、毛抜きほど大きな力ではありませんが、やはり肌に負担をかけています。
毛を剃ると同時に肌の角質層も一緒に剃り落してしまっているのです。カミソリを使うことで、肌の角質層は細かな傷でいっぱいになってしまいます。
また、埋没毛のもう一つの原因として、毛が切れたり、先が鋭くなることで、本来毛穴ではない場所に毛が刺さり、そのまま成長し、埋まってしまうということがあげられます。
カミソリで毛を尖らせることで、そのような原因による埋没毛が増えることにもなります。

フラッシュ式脱毛器で埋没毛を防止

それでは埋没毛ができるのを防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。
手っ取り早いのは自己処理をやめることです。
毛にはいっさい触らず、刺激も与えず・・・でもそんなことは無理ですよね。特にこれから薄着の季節です。埋没毛も気になりますが、そもそもの無駄毛も気になります。
レーザー脱毛に通うことができれば自己処理をせずとも無駄毛の処理ができますが、それも時間やお金がかかります。
近くに脱毛サロンがあるとも限らないし、いくら安いとはいえ、気になる部位をすべてレーザー脱毛すると、それなりの金額になるでしょう。
ほかにも、勧誘がめんどくさい、人に無駄毛処理をしてもらうことに抵抗がある、といったように、脱毛サロンになかなか通えない理由もあると思います。
そんなときオススメなのが「フラッシュ式脱毛器」を使うことです。
フラッシュ式脱毛器は光の熱量を毛根に届け、脱毛を行う器械です。
エステなどで使用されていることもあります。家庭用はエステなど業務用に比べると出力が弱いですが、繰り返し行うことで確実な効果は得られるでしょう。
また、出力段階を調整できるものも多く、原理上肌への負担が少ないといえ、安全性も高いといえるでしょう。
肌をひっぱったり傷つけたり衝撃を与えたりすることもないため、埋没毛の心配もありません。
他にも、本体を肌にかざして照射して使うため、使いやすく、自分で全身脱毛が可能なものもあり、自宅で確実に脱毛をすることができるというメリットもあげられます。
初期費用は少々高いですが、長期的にみるとそのコストは安いといえるでしょう。また自宅に居て好きな時間に行うことができるので、脱毛サロンに通う手間も省けます。
さらに、フラッシュ式脱毛器は光の熱量を毛根に伝え、それを破壊するという原理ですので、すでにできてしまった埋没毛を除去するのにも役立ちます。
できてしまった埋没毛は基本的には「放っておく」しかありません。
ときどき埋没毛を毛抜きなどで無理に引っ張りだす人もいますが、結局は肌を傷つけ、新たな埋没毛を作る原因となりますのでやめた方がいいでしょう。

ターンオーバーによって自然に分解されるのを待つのです。クリームなどで多少ターンオーバーを早めることはできますが、かなり時間がかかってしまいます。
フラッシュ式脱毛器を使用することで、時間をかけず埋没毛を除去することができ、きれいな肌への早く近づくことができます。
埋没毛の予防にも除去にも有効なフラッシュ式家庭用脱毛器「ケノン」を使うことで、より快適な脱毛ライフを送ることができるでしょう。