埋没毛 長い毛

毎日むだ毛の処理をしていて、埋没毛ができてしまっている部分が気になって仕方ない、という方も非常に多いのではないでしょうか。
埋没毛は皮膚の中でぐんぐん成長して伸びていくので、本当にこのままで良いのだろうか?と、正直、不安にも思ってしまうものですよね。
そして、やっと肌の表面に顔を出してきたところをつかまえて、いざ抜いてみたら、すごく長い毛が出てきて、衝撃だった方も多いかもしれません。
ここでは、埋没毛の、長い毛の謎について、詳しくみていきましょう。

埋没毛が目立ってしまってイヤだと思ったら、脱毛サロンへ

埋没毛は、基本的には放置しておき、時間が経つとともに自然と解消されていくのをひたすら待つのが、一番の治療方法でもあります。

 

とは言っても、皮膚の中で、埋没毛がどんどん長く伸びていく様が、かなりくっきりと見えてしまうために、
それが見た目的にも目立ってしまって、恥ずかしい!そんなに長い時間、とても待っていられない!という方も多いことでしょう。

 

皮膚の中でどんどん伸びていく埋没毛を、手っ取り早く、すぐにでも解消したい、という方は脱毛サロンで処理してもらいましょう。
脱毛サロンのフラッシュ脱毛は光脱毛とも呼ばれ、ムダ毛に特殊な光を当てて脱毛処理を行います。
皮膚の上にある通常のムダ毛だけではなく、皮膚の下に隠れている埋没毛であっても光は届くので、そのままの状態で埋没毛を処理できるので安心してください。

 

ワキやヒザ下などの一部分の埋没毛が気になるのなら、ミュゼなどの格安脱毛サロンがおすすめです。
また色んな部位の埋没毛やムダ毛がきになるのであれば、シースリーや脱毛ラボなどの定額制で全身脱毛してくれるサロンが良いですね。

 

でも脱毛サロンに通う時間がない人はどうすればいいの?

そうは言っても、仕事が忙しすぎて脱毛サロンに通うヒマなんてないです。

ここまで書いてきたら、こんな声が聞こえてきました。

 

たしかに仕事や育児でほとんどプライベートの時間がないという人にとっては、脱毛サロンは解決策にはなりませんよね。

 

でも安心してください。
自宅でカンタンに埋没毛ケアができる薬用ジェルがあるんです。

 

ストレミライン

おすすめ度 ストレミラインの評価
価格 2,980円4,960円
有効成分 水溶性プラセンタエキス

グリチルリチン酸二カリウム

ストレミラインは埋没毛ケアに特化した薬用化粧品で、以下のようなお悩み肌に効果があります。

  • ポツポツ毛穴
  • カミソリ負け
  • 黒ずみ
  • 乾燥肌

さまざまなダメージを受けたお肌のトータルケアとして、ワキやヒザの他、顔やデリケートゾーンにまで使えます。

お風呂上がりに塗るだけでカンタン
全身まるごと使えてベタベタしない
30日間の返金保証付き

今なら期間限定で初回65%OFFの2,980円

ストレミラインについて詳しくみてみる

コイル状に巻いた長い毛が!

埋没毛が、皮膚の中で成長してしまう場合、長い毛が横方向へと伸びていく場合が、最も多いかもしれません。

 

ですが、その他にも、埋没毛は、ぽこっとした赤や黒っぽい毛穴の塊や、白っぽい硬いしこりのようなものの中で、
毛がコイル状にくるくると巻かれる状態になりながら、どんどん伸びているというタイプも、あるのです。

 

このタイプの埋没毛を見つけてしまって、中の毛を引き抜いてみたところ、
その、あまりの長さに衝撃を受けた、という方もいらっしゃることでしょう。
初めて見る場合には特に、「何だ、これは!?」「こんなものが、皮膚の中に?」と驚く方は多いでしょう。

 

一般的に、脱毛行為などで毛を抜いていても、意外と毛は長いのだ、ということに気づかれている方がほとんどでしょう。
普段、肌から顔を出して生えている部分にプラスして、皮膚のはるか奥にある、毛の生えている毛根部分から皮膚の表面までの長さが加わるわけですから、
それだけでも十分に、毛の長さに感心することは多いものです。

 

ですが、このコイル状のとぐろを巻いた、長い埋没毛は、
長さにすると、2センチ程度や、人によってはなんと、4センチ程度の毛まで出てくることがあるというのですから、
それはやっぱり、衝撃ですよね。

 

しかも、本数も一本だけではなく、三本や、なんと六本など、複数の毛が出てくるケースもあるというのには、驚きですね。

コイル状の場合でも、皮膚科がおすすめ

こうした、長いコイル状の埋没毛になってしまっている場合も、
肌の表面は、毛穴がぼこぼこしているような状態になってしまい、赤や黒のぷつぷつとした点になって、かなり目立ってしまいますから、
当然、見た目的にも感触的にも、非常に気になりますし、できればきれいに早く、解消したいところでしょう。

 

そこでおすすめするのは、やはり、皮膚科の受診です。

 

埋没毛は、たとえ一度は上手く毛を引き抜けたとしても、また次々と新しい毛が生えてきて、同じことの繰り返しになるパターンが非常に多く、
また、自己流で埋没毛を引っ張り出したり、引き抜いたり、などの行為を繰り返していると、肌がどんどん傷ついてしまい、
傷やしみなどになって、跡がずっと残ってしまうようになります。

 

また、毛を無理やり毛穴から引き抜くことを繰り返していると、毛根を痛めてしまい、分裂させてしまうことがあります。
さらに、だんだんと、毛自体が太くなっていくことも多く起こるようです。
その結果、なんと、一つの毛穴から数本もの太い毛が同時に生えてくる、というような、さらに悪化した事態を引き起こしてしまうのです。

 

 

まとめ

自分の体から出てきたものとはいえ、目を疑うような、ものすごく長い埋没毛を引き抜いてしまった時には、
誰しもが、思わず、「どこか異常なのでは?」「埋没毛って、こんなに長くて大丈夫なの?」と不安にもなってしまうでしょう。
埋没毛は、見た目の美しさを損なってしまうということも確かですが、
埋没毛ができてしまっているということは、肌がそれだけ大きなダメージを日々受けてしまっている、という重要なサインでもあります。
むだ毛のない、きれいな、すべすべ肌を目指すためには、やはり、
毎日のむだ毛の自己処理の方法や回数、アフターケアなどまできちんと行って、しっかり肌をいたわってあげられているか、
一度よく振り返ってみて、少しでも肌にダメージの少ない方法でのむだ毛処理を心がけるようにしてみましょう。